FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双子って???

わたくし「マカロニ」には4人の子供がいます。
よく、国家に貢献している…的なことを言われますが、
ただ単に、子供ができやすく、子宮が強かったのだと
思われます。

高1 女
小6 女
小5 男と男

3人がノルマかな。。。
なんて思って、3人作ろうとしたらもう一人いた・・?
そんな感じでした。
こんなこと言うと不謹慎で不妊治療している人には申し訳ないけど、
年子の双子って…親戚に双子いないのに…ちょっと待って…
等等…考えても、出来てしまったものはしょうがない的な感じでした。

そもそも、検診に行くのにもお金が1回 4〰5千円かかるので、
妊娠しているのが分かってても、4ヶ月(13週)で初受診。
2週間後の来院を言われたけど、5ヶ月(17週)で再診。
その再診時に、エコーを見ていたDrが
『あれ・・双子?こっちにもう一人いるよね?』
通りがかりの看護師さんに
『これ、双子だよね?』
聞かれた私も看護師さんも、なんとお答えしたらよいのか。

そんなスタートを切った最後の妊娠生活でした。
けちけちな私は、双子なのにor3人目だからか
入院までの検診回数は8回でした。
双子の出産は多少なりとリスクが伴うようで、
大きい病院に紹介されることが多いとか・・・。
この病院は地元では珍しく、双子までは出産OKでした。

2回の出産が自然分娩だったので、今回も自然分娩を希望。
最初の頃は、了解してもらっていたはずなんですが、
10ヶ月にはいると、しきりに帝王切開を勧めてきて・・・。
私の母も、いつ産まれるかわからず不安だったようで、
「切りなさい」・・と言いだし、私も帝王切開を決断しました。
産婦人科のDrに報告すると、さっさと手術日が決まりました。
何も考えず、半分やけくそに「はいはい」と言っていたら
手術日が、クリスマスイブになってしまいました。
もう、この時点で、38週になってたからね。
Drも早く産んで欲しかったのでしょう。

手術当日は、出産時間も13時〰と、わかっていたはずだけど、
ご家族は誰一人病院に居らず。。。
旦那は仕事、両親は上2人の面倒と称し、うどんを食べに行っていたそうで。
術後すぐ目覚めた私は、母に電話。
「産んだんだけど…」「今うどん食べてるから、終わったら行く」
母的に、上の子達の面倒で手いっぱいだったそうです。

入院生活は、初めの3日間は、絶食で点滴とカテーテルにつながれ、
子守をしないでいいという、悠悠自適な生活。
今回は陣痛の苦しみも無かったし。
確かに傷は痛いけど、子宮収縮の痛みのほうが痛かった・・・(*_*;
寝たきりの生活で、唯一の楽しみがTV。
・・・TVはクリスマス一色・・・
絶食中の私は、チキンやケーキをよだれたらしながら見てました。
そして、手術日をイブにした事を、とても後悔するのでした。。。
(+_+)
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

マカロニPENGUIN

Author:マカロニPENGUIN
40歳を目前に子宮頸がんⅢbと診断。
H25年5月~抗がん剤及び放射線外照射・内照射(ラルス)治療を行うも12月再発確認。
現在、抗がん剤治療中。

高2と中1の女の子
小6双子の男の子の母してます。
仕事は現在休職中。。。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。